キレイもの通院はペナルティあり!

美しくなりたいと思ってキレイモに通院をするとき、6ヶ月先まで予約を入れることができます。でも病気や怪我、仕事など様々な理由で予定を変更しなければいけないときがあります。そんなときにはどうすればいいのかというと、キレイモのマイページからは前日の23時59分までに、電話であれば前日の20時までならば予定の変更ができます。予定の変更ができる時間を過ぎてしまい、予約の時間に行けなかったときにはペナルティとしてその分の料金を支払わなければいけません。

高額なキャンセル料

キレイモの料金プランには1年に8回の施術を行う全身脱毛1年プランや未成年向けのU-19応援プラン、平日だけの利用をする人向けの平日とく得プランなどがあります。その上、のりかえ割や学割などの割引キャンペーンも充実しているので、1回あたりの料金については個々に金額が異なりますが、少なくとも2万円から3万円にはなります。それだけの金額を何もしないのに失うのはペナルティとしてはかなりの負担です。

連絡はお早めに!!

何もわからない子供ならばともかく、キレイモに予約をして綺麗になりたいという人であれば、行けないとわかった時点で予定の変更をしないのは賢いこととは言えません。予定の変更だけで何時間もかかるわけではないのですから、速やかに手続きを済ませたほうがいいです。 ちなみに、キャンセルではないけれども寝坊や電車に乗り遅れたということで遅刻をしたときにもペナルティが発生することがあります。残り時間が十分にあるならば施術してもらう時間が減りますがなんとかなります。でも残りの時間が短いようならば、準備にも時間がかかりますので施術ができず、キャンセルと同じように1回分の料金をとられるだけです。

事前連絡が吉!

もし、遅刻しそうなときには、すぐにでもキレイモに連絡をして何分までならば施術を受けられるのかを確認してみましょう。しかしながら、地震や停電が起きたり、電車が故障して止まっているといったときには、ペナルティを受けずに済むこともあります。そういうときには遅延証明書のように証明できる書類を用意しておきましょう。

銀座カラーの通院は遅刻しても大丈夫♪

VIOラインのお手入れをするために脱毛サロンの予約をしたけど予定日よりも早めに生理が来てしまった、定時で帰ろうとしたら上司に急ぎの仕事を頼まれてしまった、予期せぬ体調不良や怪我に見舞われるなどの理由により、脱毛サロンの予約のキャンセルが必要になった経験がある方は多いのではないでしょうか。

まずはルール確認を

キャンセルや遅刻は脱毛サロンの予約においてはつきものですので、いざという時に慌てないようにするために事前にルールを確認しておくことが肝心です。遅刻やキャンセルの際のペナルティは、それぞれの脱毛サロンによって扱いが異なります。銀座カラーの場合、キャンセルの際は前日までに手続きを済ませておけばOKです。ペナルティは発生せず、キャンセル料なども請求されません。

当日キャンセルの場合

当日にキャンセルをしたり無断キャンセルをしたりした際は、脱毛1回分が消化されたり2000円のキャンセル料を支払ったりなどのペナルティがあります。遅刻に関しては意外と寛大で、少しの遅れであれば大丈夫です。何分までの遅刻ならセーフかというと、予約時間から20分以内です。予約時間から20分が経過してしまうと、1回分が消化されるというペナルティが発生しキャンセル扱いとなります。15分以内の遅刻であれば問題なくそのまま施術を行うことが可能ですが、15分を過ぎると時間の都合上一部分がカットされることもあります。

前持った連絡をおすすめします

ですので、銀座カラーへ遅刻しそうだなと判断した場合はすぐに電話で連絡することが大事です。遅刻をするときに連絡を入れるという行為は社会人としてのマナーであり、脱毛サロンの利用に限ったことではありません。無断で遅刻やキャンセルをすればサロンのスタッフにも迷惑がかかってしまいますので、早めの連絡を心がけましょう。電車などの公共交通機関の遅延やダイヤの乱れなどで遅れる場合は、遅延証明書を発行してもらうとペナルティを受けずに済みます。その場合も、事前の電話連絡は必要です。

ミュゼプラチナムの遅刻にはペナルティあり?!

VIOラインのお手入れをするために脱毛サロンの予約をしたけど予定日よりも早めに生理が来てしまった、定時で帰ろうとしたら上司に急ぎの仕事を頼まれてしまった、予期せぬ体調不良や怪我に見舞われるなどの理由により、脱毛サロンの予約のキャンセルが必要になった経験がある方は多いのではないでしょうか。キャンセルや遅刻は脱毛サロンの予約においてはつきものですので、いざという時に慌てないようにするために事前にルールを確認しておくことが肝心です。

ペナルティの扱いについて

遅刻やキャンセルの際のペナルティは、それぞれの脱毛サロンによって扱いが異なります。銀座カラーの場合、キャンセルの際は前日までに手続きを済ませておけばOKです。ペナルティは発生せず、キャンセル料なども請求されません。当日にキャンセルをしたり無断キャンセルをしたりした際は、脱毛1回分が消化されたり2000円のキャンセル料を支払ったりなどのペナルティがあります。遅刻に関しては意外と寛大で、少しの遅れであれば大丈夫です。何分までの遅刻ならセーフかというと、予約時間から20分以内です。予約時間から20分が経過してしまうと、1回分が消化されるというペナルティが発生しキャンセル扱いとなります。15分以内の遅刻であれば問題なくそのまま施術を行うことが可能ですが、15分を過ぎると時間の都合上一部分がカットされることもあります。ですので、遅刻しそうだなと判断した場合はすぐに電話で連絡することが大事です。遅刻をするときに連絡を入れるという行為は社会人としてのマナーであり、脱毛サロンの利用に限ったことではありません。無断で遅刻やキャンセルをすればサロンのスタッフにも迷惑がかかってしまいますので、早めの連絡を心がけましょう。電車などの公共交通機関の遅延やダイヤの乱れなどで遅れる場合は、遅延証明書を発行してもらうとペナルティを受けずに済みます。その場合も、事前の電話連絡は必要です。

施術と安さ

ミュゼプラチナムは、お肌に優しい脱毛方式を採用している脱毛サロンです。施術が丁寧で費用も安い、と口コミで評判を集めています。非常に人気のあるサロンですから、施術を受けるためには事前に予約を入れなければなりません。脱毛施術はムダ毛が生え変わるサイクルに合わせる形で行われます。通常の脱毛コースを選択した場合は、1ヶ月から3ヶ月ほど間隔をあける形で施術を受けることになるでしょう。 スムーズに脱毛施術を受けるためには、なるべく早めに予約を入れることが大切だといえます。直前になってしまうと、予約に空きがなく利用できない、といったことになってしまう可能性があるためです。

予約のうっかり忘れに注意!

しかし1ヶ月以上前から予約を入れるとなると、当日うっかり忘れてしまったり、遅刻してしまうことがあるかもしれません。ミュゼプラチナムに予約を入れて遅刻してしまった場合、ペナルティなどはあるのでしょうか。 ミュゼプラチナムの場合、一定時間以上遅刻してしまうと施術が自動的にキャンセルされてしまうようです。キャンセルになると施術回数が減ってしまうため、大きな損をしてしまいます。何分までなら遅れても大丈夫なのかというと、その期限は10分と決められています。10分以内ならキャンセル扱いにならず、そのまま施術を受けることが可能です。 施術開始時刻より24時間前に連絡をしてあらかじめキャンセルをした場合は、施術回数が減ることはありません。

余裕をもった連絡を

つまりもしも遅刻してしまいそうなら、24時間前にキャンセルの連絡を入れておいたほうが良い、ということになります。 罰金やペナルティといったことはありませんが、当日キャンセルという形になると損をしてしまうため、余裕を持って予約を入れておくことが大切です。もしかすると間に合わないかもしれない、そんな場合はできるだけ早い段階で連絡を入れておくと良いでしょう。当日は遅刻しないよう、少し早めに到着することを意識しておくと良いかもしれません。