平天目型ぐい呑み 銀河本金彩は、まるで手のひらに収まる宇宙と表現できる、満足感の高い美しい見た目をしているのが特徴です。 有田焼きの名窯真右エ門の作品で、現代陶芸界の巨匠の手で作り出された最高の一品です。手にひらサイズに美しい銀河が再現されていますから、手に取って見ると吸い込まれるかのような感覚があります。 縁に施された金彩の覆輪は無限に繋がる繁栄を表すもので、ここに拘りを見て取ることができます。平天目型ぐい呑み 銀河本金彩は名匠真右エ門が描く、いうなれば虚空の美とも呼べる作品です。 現代を代表する陶芸家による作品ですから、平天目型ぐい呑み 銀河本金彩が購入できる今こそが手に入れるチャンスです。 価格はやや高めに思われる設定ですが、しかし美しい作品の仕上がり、魅力を考えれば破格だといえます。

こだわりと美観

釉彩と漆黒の斑紋は銀河彩ならではの表現で、真右エ門の拘りが顕著にあらわれているところです。 一方、金彩の輝きは美しく上品で、平天目型ぐい呑み 銀河本金彩にコントラストを与えたり、幽玄を醸し出す要素となっています。 手の馴染みは驚くほど自然ですが、ここにも名匠の拘りがあります。 形状は平天目型と呼ばれるもので、重心が低く安定感に優れるのがポイントです。 手触りは絹のような磁器肌で、両手のひらに収まる絶妙なサイズ感ですから、使えば使うほど手放せなくなるでしょう。

超有名作家

真右エ門は日展最高賞受賞という名誉ある作家で、その陶芸の集大成ともいえる作品の1つなので、実際に手にして満足できる可能性は十分です。 磁器には吸水性がないので、汚れが染み込んだり取れなくなる恐れはないです。 むしろ、軽く洗うだけで綺麗になりますから、いつまでも美しい状態を簡単に保つことができます。 つまりぐい呑みのように毎日使うものに最適で、末永く愛用し続けられるわけです。 実用性の面における保温性は非常に高く、冷酒も熱燗も美味しい温度を保てます。 そして何より、手のひらの宇宙といえる美しさは自慢したくなるほどですから、お酒を味わいつつ目でも楽しめます。 ぐい呑みの裏には、真右エ門作を意味する馬場九洲夫の銘が描かれているので、所有する喜びはひとしおです。 高台は、テーブルを傷つけないよう丁寧かつ滑らかに仕上げられていますから、安心して使用することができます。 それと桐箱入りなので高級感が一段と高く、贈り物としてこの上ない商品となっています。 桐箱も熟練職人の手で仕上げられていますから、これだけでも受け取った人は価値あるものだと感じるでしょう。 平天目型ぐい呑み 銀河本金彩の人気は高く、選んで間違いのない一品ですから、贈り物に迷った時の有力候補になるはずです。